お金の貸し借りの時に生命保険に加入すること

生命保険契約は貸金においてもかなり重要になっています。貸金業者が債務者等の自殺を保険事故として生命保険契約を結ぶことは当たり前ではありますが不適切な取引行為に招くということになり、当然、原則として借り手の自殺を保険事故とする生命保険の付保が禁止されています。しかし、いくらか例外的な部分もありますので覚えておきましょう。 その一つが住宅を購入した時の資金を借りる時に生命保険に入るということです。所謂、団信と呼ばれるものではあるのですが、額面通り文字を受け取るのであればこれも禁止されているべきではあるのですがこれは問題ないということになっているので注意しておきましょう。こうした規則がしっかりとありますから、よく覚えておきましょう。特にお金を貸す、借りると言う行為は大抵の人の想像以上に重い、と言うことをよく理解しておきましょう。基本的にはお金の貸し借りはかなり慎重に行うべきことである、というのは当然なのです。