ずっと生きてきて、X JAPANという名前は聞いたことがあっても、X JAPANについてそこまで知ることはなかったんです。
それが、去年から突然ファンになってしまいました。
最初はヨシキさんが好きだったのですが、今は一番好きなのはhideさんです。
もう既に亡くなってしまっている人なので、今後のライブで実際に会えるとかがないのが本当に残念です。

でも、hideさん関連の本はよく出ているし、そういうものを買いあさって読んでみたりはしています。

あと、hideさんはとってもファッショナルブで、綺麗な色使いの独特の服装をしていたので、そういうものも最近はちょこちょこ真似をしてみたりしています。
あまりに派手すぎて、周りから「ちょっとそれは奇抜すぎない?」などと言われることもあるのですが、私が好きなので問題なしです。

もう既に亡くなってしまったけれど、これからもhideさん、そしてX JAPANのファンでい続けようと思っています。

私はYouTubeを普段からよく観ています。
YouTubeは、自分好みの動画を連続して観れるところがいいんですよね。
特に好きなのは、手芸や手作りをメインとしたもの。
私も手芸や手作り品が好きなので、参考にすることも多いんです。
ある日、いつものように見ていたら“ドリームキャッチャー”の作り方動画を見つけました!
元々ドリームキャッチャーは大好きで、雑貨屋さんなどで買い集めていた私。
それが自分で作れるなんて最高すぎる!
ということで、早速真似して作ってみることにしました♪
用意するものは全て100円ショップで準備できます!
これが手作りのだいご味ですよね。
お金をかけずに楽しい時間を過ごせるのですから最高すぎます。
今回は、自分好みのドリームキャッチャーにするために、リボンや毛糸の色を決めるのにかなり慎重になりましたが、そのおかげでとっても素敵な色合いの材料を探す出すことができました。
作っていく中で一番難しかったのは、輪の中の網目を作る作業。
動画の人のように初めからうまくできなかったので何度もやり直しました。
編んではほどき編んではほどきの繰り返し…。
5回はやり直したと思います。
そして作り始めて3時間、やっとのことで自分の納得のいくものが出来上がりました。
仕上がり、色合い、トータルデザイン、全て自分好みです。
出来上がったものは今自分の部屋の窓辺に飾っています。
これからこのドリームキャッチャーが色々な夢をつかんで叶えていける後押しとなっていくのだろうか…そう思うととても楽しみです。

沖縄にパンダをよぼうとしている市長がいるらしい。まああまり興味がないためにそれほど詳しく新聞とかニュースでよんだわけじゃないのだが…。
「客寄せパンダ」ということわざがあるように、多分パンダは人を集めることができるんだろう。しかしながら東京とか大都市でパンダを見る人はいても沖縄でパンダってどうなんだろうか?
どうも、「客寄せパンダ」って言葉に感じるものだけでなくどうやら政治的意図もぷんぷん匂う。中国と沖縄ってなにか変に勘繰りたくもなるし、沖縄に必要もないと思われるのだが、屈折した見方なのだろうか?
確かに、上野動物園のように以前パンダがいて活況をよんだ事はあれども個人的にはどうもパンダは好きではない。
以前、見にいったときは中学の時だったであろうか?まだまだ珍しさ満点のパンダは、懐かしのカンカン、ランランという名前だった。ただし、私の記憶はパンダの小屋の前で小さかった妹の靴を人込みの中で探した記憶しかない。ミュゼ100円