プラレール系って足に刺さるんですよね。めちゃくちゃ痛いんですよ。さっき片づけたはずなのにどうしてここにあるのとムカムカしながらうずくまるんです。これが日常茶飯事なんですけどわからないのが子供のことです。
子供だってやられているんですよ。いたいと泣いているんです。なのに何故散らかすのか、同じ過ちを繰り返すのか意味が分かりません。さっき泣いていたのにまた電車を出してくるんですよ。

踏んで何度も痛い思いをしているのにおもちゃ箱から出すのをやめないんですよ。おバカなのかタフなのかさっぱりですよ。そして片づけずにまた踏んで泣くんです。子供って忘れちゃうんですかね。
大人だったら何度も失敗したらそれに触りたくなくなると思うんですけど子供は違いますもんね。何度足をやられても諦めずにプラレールと向き合うのは大人になってしまった私にはない力なのですごいなと思います。すごいけど母も足やられているからお願いだから片付けてくれと思っています。http://www.thelonemedievalist.com/musee-vline/

ネットスーパービジネスは日本では儲からないそうですね。
私は自分で商品を手に取って目で見て買うのが好きなので、ネットスーパーを利用しようとは思いませんが、お年寄りにとっては大助かりですよね。

お年寄りにとって、重たいものを運ばなくていいというのはありがたいと思います。
それから、子供がまだ小さいというママたちもネットスーパーを利用すると便利ですよね。

ネットスーパーでは一回の買い物で5000円以上使ってもらわないとお店が損をするのだそうです。
それで、儲からないという理由でネットスーパーから撤退する企業がでてきていると聞きました。

これ、一回の買い物で5000円以上使わないと送料が多くかかる仕組みにしたらいいのではないかなあと思います。
毎日新鮮な野菜を買いたいと思う人もいるかもしれませんが、野菜は冷凍することが可能なものもいっぱいあります。
お年寄りや、ちびっこがいるママさんは1週間分を買いだめするなどすればいいような気がします。

ネットスーパーがなくなってしまうと本当に困る人がでると危惧しています。
これから、高齢化社会ですし、ネットスーパーは私が年寄りになった時にぜひ、活用したいです。http://www.thelonemedievalist.com/entry17.html

台風の影響って意外なところに来ますね。
先日、京成線が運休になったのは、かなりの衝撃でした。
電線に火花が散ったとかで、一ヶ所だけでなく複数箇所だったのはびっくりしました。
原因は、台風によって運ばれた海水の塩分による、いわゆる塩害だったみたいです。
私の勤めていた会社も京成線で来社する人が多く、当日は半分近い社員が遅刻したみたいです。

我が家にも、害と言うわけてはないですが、少し影響がありました。
台風一過の晴れた日、窓がかなり汚れていました。
まぁ、台風のせいで汚れてるのかなと察しがつきました。
晴れた日が続いたある日、洗濯物を取り込もうとしたら、窓がキラキラ輝いてました。
よく見ると、窓に結晶が形成されてました!
間違いなく塩だな、と思い、汚いとは思いつつ、つい好奇心に負けて指で一舐めしてみました。
めっちゃしょっぱかったです。
主人に話したら、汚い…とドン引きされました…。

台風でない強めの雨で、窓が綺麗にならないかなと思ってます。https://ownwords.org/

カインズでお買い物☆
愛犬のペットシーツが空になってた…!
旦那が仕事帰り買うと行ってるけど帰りが遅い日だったし直ぐに使うものだから息子を連れてお買い物!
スーパーはあるけどホームセンターは2人では初めて〜
大丈夫かな?と思ったけどカインズなら皆知ってるし優しいから大丈夫だろう!
カートに乗せて買うものを次々と中にぽいっ☆
歩きたいみたいで騒ぐから焦ってたらパートさんと会えました〜

店長が休みで居なくてラッキー♪
居る時は話し出来ないからさ…
歩かせてみると走り出すから驚かれたなぁ〜
やっぱり歩くの早いのかな?
1歳1ヶ月…まだまだ歩かない子だっているもんねぇ〜
久々にゆっくり話が出来て楽しかったぁ!
男性には人見知り発動してたけど(笑)
お姉さんに抱っこされるとニコニコなのにね〜
嫌になると私に駆け寄ってくれるのが可愛いw
家だとあり得ないからな…

シーツも買えたし今度お泊まりする時のお肉も買えました!
預けると食欲無くなるみたいだからさ…
お肉だと食べてくれるからね!
カート使えば買い物怖くないの分かったからいつでも行けるぞ!

イギリスで飼育されている陸ガメが、世界一足の速いカメとして認定されるべく、ギネス・ワールド・レコードに挑戦しました。
その陸ガメの名前は「バーティ」。
バーティは、イングランド北東部ダラムの公園で移動速度の測定に挑み、見事38年ぶりに世界最速タイムを塗り替えました。
気になるバーティが打ち立てた記録は時速965メートル。これはなんと、100メートルの距離を6分で移動できるペースです。
ギネスによると、今回のバーティの記録は、1977年に「チャーリー」という陸ガメが打ち立てた世界最速タイムを上回との事。
飼い主のマルコ・カルツィーニ氏は、バーティの勇姿を受けて「ギネスに載るという夢が叶いました。とてつもない快挙だと思います。」と誇らしげに語ったそうです。
ちなみに、ギネスブックに日本語で申し込む場合は翻訳手数料として約15万円の費用がかかりますが、全文英語で申し込む場合は無料で申請する事が出来ます。
挑戦する際、映像を送る方法であれば無料だそうなので、「うちの陸ガメの方が速い!」と思われる方はぜひ、挑戦してみてはいかがでしょうか。脱毛ラボ 都度払い

障害競走で重賞9連勝中のオジュウチョウサンが7月7日に福島競馬の平地戦に出走することが発表され鞍上は武豊騎手というビックニュースが入りました。障害競走では敵なしでとても素晴らしい活躍をしているオジュウチョウサン。過去に平地戦での出走経験はあるものの勝利を挙げたことはなく、今回はオーナーさんの希望で平地戦参戦が決まったようです。地元福島にオジュウチョウサンと武豊騎手のコンビが参戦するとは夢のようです。武豊騎手は去年久しぶりに福島競馬に乗りにきてくれていて今年で2年連続になり嬉しい限りです。障害競走を経て平地戦でG1を勝利しているメジロパーマーもいるので不可能ではないと思いますが、7歳になっても現役で頑張っているので怪我をせず無事に走り切ってくれることを心から願っています。競馬界の二刀流を目指しているオジュウチョウサンから益々目が離せなくなり楽しみです。今年の夏の福島競馬は盛り上がること間違いないです。このような機会は滅多にないので現地で直接応援したいです。

琴とは胴を桐で作られている五本或いは七本の弦、多くて十三弦を張った弦楽器であり、必ずこうした形になっているわけではないですが、アジア圏を中心に楽器としては一般的な形をしているものであるといえるでしょう。琴という言葉自体、中国由来であり、日本もその影響を受けていることは確かでしょう。いくつかの種類があり、弦の数や音程の決め方などによって呼び方も違ってくることになります。琴の歴史は古く、『古事記』などに琴を弾くシーンが出て来るほどです。但し、この時の琴は現代の琴とはかなり形や弾き方が違うので別物とも言われています。この事から形はともかくとしてかなり古くから日本でも琴のような楽器があったとされてています。基本的には五弦が最も一般的なのですが一弦琴や二弦琴などもあります。琴の特徴としてあるのが、弦の数が割りとまちまちである、ということでしょう。小さいものもありますし、大きい物もあります。小脇に抱えることができるような物もありますし、抱えるように運ばないと動かせない、という大琴もあります。ミュゼ 0円

生命保険契約は貸金においてもかなり重要になっています。貸金業者が債務者等の自殺を保険事故として生命保険契約を結ぶことは当たり前ではありますが不適切な取引行為に招くということになり、当然、原則として借り手の自殺を保険事故とする生命保険の付保が禁止されています。しかし、いくらか例外的な部分もありますので覚えておきましょう。 その一つが住宅を購入した時の資金を借りる時に生命保険に入るということです。所謂、団信と呼ばれるものではあるのですが、額面通り文字を受け取るのであればこれも禁止されているべきではあるのですがこれは問題ないということになっているので注意しておきましょう。こうした規則がしっかりとありますから、よく覚えておきましょう。特にお金を貸す、借りると言う行為は大抵の人の想像以上に重い、と言うことをよく理解しておきましょう。基本的にはお金の貸し借りはかなり慎重に行うべきことである、というのは当然なのです。

春は別れと出会いの季節です。職場なら転勤や異動の時期です。お世話になった方と別れることになった時になにか贈り物をするのはよくあることだと思います。ごく普通の上司と部下と言った関係の場合、一番無難なのが花束です。これなら、あとで処分することに抵抗がありません。ただ、男性に贈る場合、花束を持って歩くことを恥ずかしく思う人も少なくありませんので、紙袋を用意したほうが良いと思います。花束では寂しい、形のあるものとなると品選びに困ります。以前はちょっとした贈り物にはハンカチでしたが、最近はちょっと影が薄い気がします。
相手の好みに合わせたものが選べたら一番いいと思います。
ありがちですが、良くないと感じるものは、「お詫び」と「感謝」の気持ちとして品物を贈ることです。相手を傷つけるようなことをしたら、きちんとお詫びをするべきだし、再発を防止する対策を考えることに労力を費やすべきで、お詫びの品選びに労力を費やすべきではありません。また、恩を感じるようなことに対しても、誠心誠意それにこたえるべきであって、品選びではありません。お詫びと感謝を品物に頼ってしまうと「賄賂」に発展してしまうと思います。特別扱いをして欲しくて、日頃から付け届けをしてしまうことになりかねません。権力のある立場の人は特にそのようなことにならないように、注意すべきだと思います。http://www.pernellrobertsaroundtheworld.com/musee-tel/

つい先日、町内に設置されているスピーカーから「周辺にサルが出没しているので、家の外に餌となる食べ物を出しておかないように注意をしてください」との放送が流れていました。
これまでも、イノシシやタヌキが出没するとのことで、いろいろと注意をしておりましたが、今度はそれに加えてサルにも気を付けなくてはならなくなったのです。
ところでサルはイノシシやタヌキとは違って、自由自在に建物によじ登ることが出来ます。
したがって、いくら2階だからといっても、窓を開け放っていることは今後気をつけなければなりません。
確かに山に囲まれているこの団地では、このような野生動物が出没するのは、避けられないのかも知れません。
今まで山であった場所に団地が造成されているわけですから、ある意味では動物たちの住む場所へ人間が入り込んで来たとも言えるのです。
これまで人間と野生動物の住む場所には、境界線というものが明確になっていたのですが、団地などの土地開発によって、境界線が守られなくなっていることも事実です。
これからは野生動物たちと人間の共存共栄を考えた生活をしていくことが、より一層求められる時代となって来るのでしょうね。
サルの出没という町内放送を聞きながら、そんなことが頭の中に浮かんできました。